扇子と言えば、江戸時代を連想しますが現代でも多数販売されています。それにバリエーションが豊富なので、自分の好みに合わせた扇子を選択できます。現代の扇子は、骨が強く色鮮やかで贈り物としても最適です。贈り物を考えている場合は、相手の趣味・イメージ・職業に合わせたセンスを送ると良いでしょう。箱入れオプションを選択すると、和の雰囲気がある綺麗な箱に入れてくれます。箱自体は、虫・カビ・湿気に強いため保管用としても十分使えます。また差し袋のオプションを選択する方も結構いるそうです。差し袋は、収納が楽で取り出しも簡単に行えます。そして骨の素材も選べます。素材によって色彩・感触・強度が違ってきます。唐木はモダンな部屋と相性が良く、結構丈夫で壊れにくいです。白竹は和室に似合っており、年配の方によく好まれています。

誕生日に通販の扇子を母にプレゼント

今年は母の誕生日に、ネットショップで見かけた花柄の扇子をプレゼントすることにしました。誕生日はいつも、家族揃って食事をしに出掛けるのですが、今年は兄の都合がつかなくて、皆で一緒に食事をすることが出来なくなったからです。母の誕生日当日は、集まれる家族が揃い、ケーキだけ購入しお祝いすることになりました。父からは温泉旅行のチケットを贈ると聞いていたので、何かその時に持っていけるものをと考えていて、暑がりな母にぴったりの扇子を見つける事が出来て良かったです。あまり派手なものは持たないと思ったので、紺地にユリの花が上品にあしらわれた柄のものにしました。ケースも付いて、名前も入れて頂けるという商品だったので、母の下の名前を入れていただきました。やはり、名前入りというのは特別な感じがしたようで、想像していたより喜んでくれて、気に入ってもらえたようで嬉しかったです。他の柄もステキなものが多かったので、来年は違う柄を贈ろうかと計画しています。

浴衣に似合う扇子をネットで注文

今年は夏祭りに行く時に浴衣を着て行きたかったので、それに合う扇子を探していました。そんな時に出会ったのがネットショップで販売されていた花柄の扇子です。鮮やかなピンク色の小花模様のステキなデザインで、キラキラ光るラインストーン入りというのもあり、見た瞬間に一目惚れして注文しました。持っている浴衣も紺色にピンク色の花柄の模様だったので、最初からお揃いで販売されていたのかというくらいに、色身が合っていてテンションが上がりました。ネットショップに載っていた画像の色と実物の商品の色が同じなのか、少し不安もあり、届くまではおちつきませんでしたが、画像と変わりない鮮やかな色だったので、自分好みで気に入りました。お祭りは真夏の夜ですので、やはり暑く、花火を見るまでの待ち時間に、この扇子が大活躍してくれました。一緒に行った彼氏にも可愛いと誉めてもらえたのでとても嬉しかったです。購入して大満足な商品でした。